事業の立ち上げ

それからの数日間は与えられた情報を整理することにつかいました。

何をしなければならないのか、何をしたいのか、できるだけ客観的に見れるようにノートに書きだし、ホワイトボードを使い情報整理をした結果、次のような事が分かりました。

私に課せられた条件は、次の3つ、

私が使えるリソースは、次の5つ、

※リソースとは自分が使える、スキルや物、組織などの事。

これらのリソースを使い、どう条件を満たしていくのか。
結論は「事業を立ち上げる」です。

正直この結論にいたるまでの考えは覚えていません。

ただ私の価値観の自由がほしい、に沿っていました。
それに事業の展開によっては畑の利用はできると考えました。
せっかく農家の養子になったのだから離れ過ぎず収入になるものを目指したかったんです。

なにより双子の兄が協力してくれるといったのが一番の要因になりました。

そこからは、事業立ち上げにむけた準備です。
兄が協力してくれるといっても、お互い初めての経験、
不安が私たちを押して、行動を起こし続けました。

情報収集を始め、自分たちの強みを活かした事業内容の練り上げ、事業名の検討、予算の確保、法律や税金制度の勉強、マーケティングやマネジメントの理解、

顧客とはなんだ?
市場とはなんだ?
商品とはなんだ?
を必死に考え続け、ようやく形にすることができました。

1月12日、私たちは「ファーム&クッキング想双」を立ち上げました。

希望なんてありません、ただ自由をうばわれる恐怖と不安から逃れるために、しなければならなかったんです。まさに暗中模索、それでも私たちは一歩目を踏み出すことができました。

始まりは引っ越し

千賀から西川へ

養子生活

養父の病気

野菜は収入源になるのか?

事業の立ち上げ